プロミスなら来店不要で最短即日融資にも対応しています。急ぎで借りたい方は、スマホ対応のプロミスまで。

情報最終確認日:2016-06-25

プロミスの即日融資は最短1時間

急ぎの即日融資でもしっかりと対応のプロミスは、パソコンやスマートフォンから平日14時までのWeb契約で即日の振込融資も可能となります。早く借りたいけど店頭窓口や無人契約機まで行く時間がない方や、来店は恥ずかしい、面倒な方でも安心の即日キャッシングが出来るようになっているのです。

アルバイトやパートの方でも、安定した収入があれば来店不要で申し込みができ、大手だからこそのスピーディな最短30分審査回答も魅力です。「どうしても今日中に借りたい」、「遅くても明日までには何とか・・・」と考える方でも、プロミスなら素早く最短1時間融資での借り入れとなります。

  • プロミスなら夕方でも週末でも即日融資OK

来店不要の即日融資は平日の指定時間内や銀行営業日に限られますが、自動契約機を使うカード発行であれば、夕方も土日や祝日であっても対応可能時間内ならプロミスは即日融資も可能です。

手順としては、まずはネットで申し込みを行って審査を受け、OKが出たら近くの契約機まで必要書類を忘れずに持って行き、契約をするとその場でカードが発行されるのです。もちろん、手にしたカードを使えば限度額の範囲内で借りられますので、緊急時でもスピーディにお金が借りられるのがプロミスの強みとなります。

契約機での申し込みも出来ますが、審査に落ちてしまった際には無駄足となってしまいます。手間や時間をかけないためにも、予めスマートフォンやパソコンで申し込みだけを済ませておくと良いでしょう。

土曜や日曜でもプロミスなら振り込みも可能

プロミスには他の消費者金融キャッシングとは異なる、独自の特殊な素早い振り込みサービスの「瞬フリ」があります。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すると、24時間最短10秒で口座に振り込まれる、便利でスピーディな借り入れとなります。

  • 曜日や時間を問わない対応時間

プロミスの瞬フリは14時以降や週末でも可能なため、夕方や土曜日、日曜日であっても、ネットで審査を受けてWeb上の会員メニューで口座の登録をすれば、「瞬フリ」でお金が借りられるようになります。

  • 口座登録だけは22時までに完了を

瞬フリを利用するための口座登録は22時までの受け付けのため、借りるのが夜中であるとしても、一先ず22時までには口座の登録を済ませておく必要があります。登録さえすれば、土曜でも日曜でも即日融資も可能です。

土日も振り込み即日融資にも対応出来る瞬フリに関する詳しい情報、利用の仕方につきましては、申し込み前にプロミス公式サイト上で最新情報をご確認下さい。

プロミスの基本情報と他社との比較

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、TVCMでもお馴染みの信頼できる大手キャッシングとなっており、はじめてのキャッシングの方でもスムーズな申し込みが出来るようになっています。

申し込みはホームページ上から来店不要で行えますが、手続きに入る前にまずは金利や限度額、審査時間などの基本情報や、他社との比較と確認をしておくと良いでしょう。

第00位

プロミス

★★★★★

最短1時間融資で急ぎのキャッシングにも適する、人気のカードローンサービスです。

実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
素早い借り入れも可能となるプロミスなら、平日14時までのWeb契約完了で最短1時間の融資対応となります。急な出費で早くに借りたい方、土日のお金のピンチで即日融資でキャッシングを利用したい方も、プロミスであれば素早く現金融資が受けられます。ネット審査完了後の契約機利用であれば、夕方や週末もカード発行に対応しますので、いつでも便利なのがプロミスの良さとも言えるのです。
プロミス
公式サイトで詳細を見る
  • 女性も安心のプロミスレディースキャッシング

キャッシングの利用は不安、分からない点があっても聞きづらいと感じる女性の方でも、プロミスなら女性オペレーターが対応をしてくれる女性専用レディースプロミスのサービスがあるので安心です。
≫女性専用のレディースプロミスはこちら

プロミス即日融資と他社との比較

素早い手続きや来店不要での最短即日融資が魅力ですが、他社と比べるとどうなのかを一覧で見てみます。同じく当日の即日融資に対応した大手消費者金融との比較になりますので、プロミス以外の借り入れ先をお探しの方も、参考にしてみると良いでしょう。

借入先
ブランド
金利
実質年率
利用
限度額
審査時間
(目安)
融資時間
(目安)
プロミス 4.5%~
17.8%
1万円~
500万円
最短
30分
最短
1時間
モビット 3.0%~
18.0%
1万円~
800万円
10秒
簡易審査
最短
即日
アコム 4.7%~
18.0%
1万円~
500万円
最短
30分
最短
1時間
  • アコムの即日融資条件

Web契約時には、平日14時までの振り込み手続き完了が条件となります。契約機を利用する場合には、営業時間内の手続きで当日中のカード発行も可能です。

  • モビットの即日融資条件

Web契約時には、平日14:50までの振り込み手続き完了で最短即日の対応も可能となります。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

同じく平日14時までの手続きで、当日の来店不要即日融資も可能となるアコムは、条件としてはプロミスと似たものがあります。しかし、プロミスには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間最短10秒で振り込み融資も可能となる「瞬フリ」があり、より素早く借りられるために注目を集めています。

申し込みから審査回答も最短30分となっていますので、瞬フリに関する詳しい内容も含め、プロミス公式サイトで確認をしてみましょう。

申し込み前に借入診断を利用する
まずは確認をする

プロミスではホームページ上で「借入診断」が出来るようになっています。簡単な僅か3項目の入力で、すぐに融資が可能かの目安が分かる便利なものです。

他社のキャッシングやカードローンの利用がある方や、年収に少し不安がある方でも素早く確認が出来るため、借入診断を行ってからプロミスの審査を受ける方が多くなっています。

入力項目は年収や借り入れ状況などの簡単なものだけで、入力から診断結果の表示までは数秒程度です。プロミス即日融資での急ぎのキャッシングを希望される方でも、時間をかけずに即確認が出来るのは、早く借りたい方にとっては嬉しいものです。

診断結果を見て、そのままインターネットで申し込みも出来ますので、まずは借入診断を行い、結果がOKであれば審査を受ける方が無駄がないと言えるでしょう。

プロミスの審査前に確認

無駄な審査落ちを避けるために

プロミスだけの話ではありませんが、キャッシングの申し込みをするのであれば、誰もが審査でOKをもらいたいと思うものです。ただ、中には初歩的なミスや審査における大きなマイナス要素となってしまう申し込みをしてしまい、審査落ちとなる方もいます。

そこで、審査前の最低限の確認点としてプロミスを含むキャッシング審査における重要なポイントをまとめましたので、審査が不安な方は目を通しておくと良いでしょう。

  • 年収と借り入れのバランスをチェック

現在の消費者金融でのキャッシングには、年収と借り入れ状況のバランスが、審査における重要な項目として位置付けられています。

年収の3分の1以上の借り入れが出来ないとする「総量規制」によるもので、「借入診断」でもチェックが出来ますが、まずは自分自身で現在の年収と借り入れ総額を見て、3分の1を超えていないかどうかを確認しましょう。

もし超えているようであれば、プロミスをはじめとする消費者金融でのキャッシングの審査は、ほぼ通りません。無闇に申し込みを行っても信用情報が汚れるだけですので、まずは借り入れ状況の改善が先となります。

  • 申し込み先を絞って審査を受ける

キャッシングの審査は主に信用情報機関に登録されているクレジット履歴を参照し、返済能力の有無を確認します。記録される情報には利用状況以外にも「申し込み履歴」もあり、多くの消費者金融や銀行、信販会社で同時期に審査を受けると、履歴が蓄積されてしまいます。

半年間は残る申し込み履歴が何社も溜まっていると審査には悪影響が出てしまい、当然ながらプロミスの審査にもマイナスの影響を与える可能性が高くなります。「プロミスがダメなら他で」と考えて同時に申し込みをするのはもちろん、少し前に何社も審査に落ちているような状況では、審査では良い結果は得られないでしょう。

よく「○社までの同時申し込みが審査通過のコツ」などと書かれていますが、大きな嘘です。同時期の審査は全滅の可能性が非常に高くなりますので、プロミスで借りたいと決めたならプロミス以外の審査は控えるべきです。

  • 入力内容は正確にしっかりと

既にキャッシングを利用している場合は、どうしても借り入れ状況や年収を少し濁らせて書いてしまいたくなるものです。しかし、利用状況に関しては信用情報ですぐに分かってしまい、年収に関しても所得証明の提出を求められると一発でばれてしまいます。

担保も保証人も不要となるプロミスのキャッシングは、信用でお金を借りるようなものです。言うまでもありませんが、申し込み内容に虚偽の記載をするのは、信用を大きく落とすだけであり、何らメリットは無いのです。

どうしても即日融資でキャッシングを利用したい場合も、ミスがあると確認に余計に時間がかかり、時間によっては当日中の借り入れに間に合わなくなってしまいます。急ぎで借りたいときこそ焦らず確実に入力を行い、最後にしっかりと見直して送信をするようにしましょう。

最低限の注意点は守りたい

キャッシングの審査はプロミスであればプロミスの審査基準が、他社であれば他社のそれぞれが独自の審査基準を持っています。これらの注意事項を守ったからといって、どこも基準は明かしていないため、必ず審査に通るわけではありません。

しかし、逆に言えば上の各項目を無視して申し込みを行うと、ほぼ確実に審査には落ちます。例えば年収の3分の1に近い借り入れがあり、手当たり次第に何社も虚偽の記載で申し込みをすれば、どこも少しも貸してくれないでしょう。

審査に通るための方法などは存在しませんが、高い確率で審査落ちに繋がる申し込みは避けられるのも事実ですので、しっかりと確認をしておくべきなのです。

プロミスの30日間無利息サービス

キャッシングの返済には利息が付き物ですが、プロミスでは無料のWeb明細利用登録とメールアドレスの登録をすると、初回の借り入れが30日間無利息となるサービスを実施しています。ほぼ一ヶ月が無利息となるので、利息の負担を抑えたお得で素早い、最短即日融資に対応した借り入れが出来ると好評です。

▼無利息サービスで得する金額

  • 1年365日で30日間の借り入れとした場合

30万円を17.8%の実質年率で借りた場合⇒4,389円

50万円を17.8%の実質年率で借りた場合⇒7,315円

70万円を17.8%の実質年率で借りた場合⇒10,241円

100万円を15.0%の実質年率で借りた場合⇒12,328円

上記の金額が、プロミスの無利息キャッシングサービスではお得となります(利用条件によっては異なります)。

スピーディな融資対応に加え、30日間無利息となるサービスもあるプロミスは、素早いだけでなくお得な借り入れも出来るようになっています。契約まで来店不要で進めることもでき、忙しい方でも頼れるキャッシングとなっていますので、お金のピンチにはプロミスへの申し込みを考えてみましょう。

プロミスでよくある質問
契約後はどこで借りられますか?
近くにプロミスのATMがありません。
契約後に発行されるカードは、全国の提携ATMでの利用も可能です。コンビニや銀行で使え、会員専用メニューからの振り込み融資、返済も出来ますので、どこにいても安心です。
再び借りる場合に手続きは必要ですか?
返し切ったら終わりですか?
プロミスは限度額がある限り、繰り返し自由に何度でもお金が借りられます。借りたお金を全て完済した後でも、解約をせずに限度額を持っておけば、困ったときに再申し込み不要で手軽に借りられます。
月々の返済金額はいくらですか?
利息はどのぐらいですか?
利用金額によって返済額が変わり、10万円までのキャッシング利用であれば、毎月の返済は4,000円からとなります。10万円を17.8%の実質年率で30日間借りた場合には、発生する利息は1,463円となります。
  • プロミス返済のコツを覚えておく

プロミスでは10万円までの利用なら、月々の返済は4,000円からでOKです。しかし、4,000円ずつの支払いでは完済までに長い年月がかかりますので、なるべくなら最低額よりも多くの支払いをするようにしましょう。

一部のローン商品とは異なり、カードローンは上乗せや臨時での返済も自由です。元々の返済期日を守った上での任意返済を進めれば、早い完済が出来るために最終的な利息負担も大きく軽減出来ます。

理想は毎月の倍額の入金となりますが、無理をするのはよくありませんので、余裕を持った支払いが出来るような借り入れに留めるのが、プロミスからのキャッシングがより役立つ使い方となるでしょう。

  • プロミス以外の借り入れを考えるなら

プロミス以外の借り入れ先も見てみたい、比較をしてみたいのであれば、同じく即日融資にも対応する、素早いカードローンサービスをチェックしてみましょう。最近では多くの消費者金融で最短即日融資も可能としていますので、様々な借り入れ先を見てみるのも良いでしょう。
消費者金融情報を確認

トップへ戻る