プロミスなら来店不要で最短即日融資にも対応しています。急ぎで借りたい方は、スマホ対応のプロミスまで。

生計費に限られた資金使途

銀行などの金融機関でもノンバンクと呼ばれる金融会社でも、融資の基本になるのは資金使途です。キャッシングに当たらないような自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなどといった各種ローンはそれぞれしっかりと資金使途が定められています。

しかし、消費者金融を中心として利用する個人向けの小口融資となるキャッシングにおいては、資金使途は明確には定められておらず、例えば用途を証明する書類などの提出も必要とはされていません。

利用者のモラルに委ねられる

それは、カードローンなどによるキャッシングの場合には、トレースが不可能だからです。もちろん貸し付け条件の中に、キャッシングなどの資金使途は「生計費に限る」のような記載もありますが、業者側からすれば、貸し付けたお金がどのように使われているかを知る術はありません。

知らないから何に使っても良いわけではなく、あくまで利用者のモラルに委ねられている、まさに信用が重要となる貸付がキャッシングなのです。

便利にお金が借りられるキャッシング

キャッシング用のローンカードの保有者は、ATMなどから現金を引き出します。銀行のキャッシュカードから預金を引き出すのと同じ感覚で借り入れを行うため、資金使途の確認など不可能です。

だからと言ってギャンブルや浪費に使うなどは言語道断、返済が苦しくなるので絶対にやってはいけないことですが、それ以外の生計費の中でのキャッシングによる資金使途は、特に問われることはありません。

実際には大体は把握している

とは言え、業者側も貸したお金が何に使われるのかなどは、そこまで気にしていない部分もあります。キャッシングは大数の法則によって成り立っていますので、多くの利用者の平均的な借り入れ金がどのように使われているのか、どのように返済がされるのかは、ある程度は掴めているとも言えるのです。

トップへ戻る